Jungla de Cemento

la voz del paraguay

アルゼンチンに行ってみよう!Resistencia~Las Toscas編 Japonicusショウゴさんに再会!

f:id:arditomiko:20171204051952j:plain

アルゼンチンに行ってみよう!

第二弾はResistencia~Las Toscas編です!

 

待ち合わせ場所はLas Toscasというバスターミナル。

午後に待ち合わせということで、

とりあえずお昼に着くチケットを押さえる。

 前回までのお話しは

↓↓↓

arditomiko.hatenablog.com

 

 

f:id:arditomiko:20171204051923j:plain

Resistencia~Las Toscas

138ペソ(日本円で900円程度。安!)

所要時間 2時間程度

因みにパラグアイのお金でGs45mil。

市バス運賃はGs2milだから...笑

貧しい国です。

 

 

 

 

 

f:id:arditomiko:20171204051937j:plain

バスの中でコーフンしすぎた人。。。

ちゃんと寝れず、、、こんな感じ。。。

10時の出発までまだ時間があるので

とりあえず市街地にGo!

ターミナルから20分くらいでセントロに着くらしい。

 

ターミナルは街の外れにあります。

空港もあるよ!

さて、ここから市街地までは110番のバスに乗って向かいます。

しかーーーーーーーーし!

ここで難問!

アルゼンチンでバスに乗るには

Sube(上るの意。レゲトンでよくスベスベいってるでしょ?あれです)

というチャージ式の専用のカードが必要!

言わばSuicaPitapaのようなものです。

電車や地下鉄なんかもこれらしいよ。

持ってないし。。。

販売店開いてないし。。。

という訳で現金で乗せてもらうことに。

一人10ペソ。子供も10ペソ。。

高い。。

けどまぁ、パラグアイの高級バス3300Gsとレートは同じ。

とりあえず市街地に行って、

宿を探そう。

バスに揺られること20分、なんとなーく中心地っぽいところで降りてみる。w

 

f:id:arditomiko:20171204052012j:plain

まだ何にも開いてないーーーーー!

全く知らない土地、地図なし、Wi-fiなし!

仕方ないので歩いてみた。w

 

f:id:arditomiko:20171204052020j:plain

なにこれーーーーー!

かわいい!

日本語って書いてあるし。。

 

f:id:arditomiko:20171204052031j:plain

時間が早すぎて閉まっていました。。

滞在期間中にリベンジを誓って。。

 

f:id:arditomiko:20171204052043j:plain

見て回る。

見て回る。

 

f:id:arditomiko:20171204052054j:plain

いったいここは何をするところなんだ?

と興味津々!

 

f:id:arditomiko:20171204052101j:plain

残念。

手に持ってるのはパラグアイからの非常食。

ドーナッツ2milGs だいたい40円。笑

 

Centro Cultual Altanativo

Sta María de Oro 471, H3500BKI Resistencia, Chaco, アルゼンチン

 +54 362 445-3165

 

 

この隣にホテルも発見!

けど、やや高く、、、

事前調査していたホテルが最安値だった。

しかしまぁ、宿泊候補の安ホテルの場所と

空き情報を2軒GETしたのでもう大丈夫。w

 

f:id:arditomiko:20171204052113j:plain

この辺はレシステンシア版メルカド4みたいな感じ。

Subeマークのあるディスペンサによってとりあえず

カードを購入することに。

f:id:arditomiko:20171204063902j:plain

こういうやつ。

けど、売ってない!と

Carga(チャージ)しかしてないとのことで、

取扱店を紹介してもらうことに。

裏路地の怪しいお店を紹介されたけど、

見ると顔がアジア人!

これは嬉しい!と思い入店!

「Sube下さい。」

「カードが欲しいの?」

「ハイ。」

「カードが30ペソ、プラスいくらチャージする?」

「じゃあ、、、30ペソで。てーか、この子運賃かかる?」

「かかる。もう大きいもん。」

「ええええ。」

パラグアイは無料だよー!」

なんて言いながら60ペソ使う。。。

何か高いな。全部が。。

まだお金の感覚がつかめていない。。。

しかし、このSUBEを使って乗車するとですね

8.99ペソ

(ピッとかざしたときに表示されるんだけど、一瞬なので間違ってたらゴメン。)

なんです。

そうです安くなる。

しかも子供料金とられない!ラッキー!!!

という訳で、アルゼンチンの交通事情が少しわかってきた。

 

ハイパーインフレのアルゼンチン。

物凄く急速に物価が上がっているらしい。

確実に同じ道を辿っているパラグアイ

ってか貧乏な国だからインフレじゃなくても

電化製品とか服とか嗜好品は

アルゼンチンと同じくらいの値段やし。。。

物によってはパラグアイの方が高い。。。

その癖最低賃金はアルゼンチンの半額。。。

食材が超安いだけでさ。。。

パラグアイでインフレがさらに進んだら

マジ生きれないよ。。

 

Subeのオフィシャルインフォはこちら。

↓↓↓

www.sube.gob.ar

 

f:id:arditomiko:20171204070352j:plain

街中でパラグアイ出身のおじいちゃんに声をかけられる。

パラグアイ出身だけど、ハンチング被ってオシャレでした。。

この辺はアルゼンチンと言えどもパラグアイっぽさもある街。

とは言え全然綺麗です。。

全然近代的です。

ショッピングモールこそないものの(そんなものいらんと思う)

全然パラグアイの首都アスンシオンより都会です。。。

因みにモールはなくてもWalmartカルフールならあります。

人々の方言はパラグアイに近いらしく、

グアラニ語喋れるか?とたまに聞かれます。

 

さて街の様子もちょっとわかった、

SUBEカードも手に入れた、

ホテルも見つけたことだし、

ターミナルへ戻りますか。。

 

f:id:arditomiko:20171204052121j:plain

私はパラグアイで電話チップを利用しています。

Tigoという会社のChipでそれ電話番号を設定して

チャージ式で通話料金を支払ってます。

ケータイをあまり利用しない私にはこれがダントツに安い。

 

残念なことにアルゼンチンで利用できるのは

パラグアイでも使えるClaroとPersonalという会社のみでして。。。

Tigoはなかった。

Claroのチップに入れ替えて欲しいけど、、、

できる?

と言ったらおいらのケータイをバキっと、、、

ノーーーー、このケータイは背面をはがすタイプじゃなくて

iPhone形式なんです・・・号泣

という訳で諦めた。

 

公衆電話を利用しようと試みるものの

なんでかうまく使えないーーーーー。焦

まだ到着時間を伝えれてないのに。。。

大丈夫でしょうか。。。

不安が募ります。

 

f:id:arditomiko:20171204052131j:plain

次の目的地はLas Toscas

なんかすっげーバックパッカー感出してる

私でございます。。

 

f:id:arditomiko:20171204052137j:plain

Las Toscasまでは約2時間。

延々広がるひまわり畑。

降りて突入したい。。。

ひまわりはgirasol(ヒラソル)です。

おかんは爆睡。

息子はコーフンして、騒ぎ続けています。

頼む、寝かしてくれ。。。号泣

 

f:id:arditomiko:20171204052149j:plain

そしてLas Toscasのバスターミナルに到着。

なんかめっちゃ機嫌悪い息子さん。

当たり前やろ寝てないねんから。。。

 

f:id:arditomiko:20171204052158j:plain

遂にご就寝。。。

 

f:id:arditomiko:20171204052214j:plain

その間にこのお方とお話ししていました。

心臓が悪いらしく、

病院の検診に行く為にこのターミナルを利用していると。

大きな手術を控えているとのことです。。。

 

なんとなく父を思い出しながら話していました。

ここはSanta Fe州。Chaco州のレシステンシアから120kmのところ。

 

 

そうこうしているうちに、、、、

ジャポニクスのショウゴさん到着!!!!

そうです。この旅でどうしてもお会いしたかった人です!

 

ショウゴさんに初めてお会いしたのはいつだったか、、、

おそらくROJO REGALO のPicoさんにご紹介いただいたと思います。

 

Rojo Regaloは↓↓↓

大好きなバンドで、ゼロからの再スタートの時に一番お世話になった人たち。

アルバムジャケも担当させてもらいました。

フジロックのこの現場に私もいるし、前で踊ってるのはこの日、十数年ぶりにであった私の同級生。笑

彼女は現在映像部門で世界的に活躍するアーティストになっています。

 

私の大好きなMr.SymaripことRoy Ellisの来日公演が

見に行けないと大騒ぎしたから、

ライブの仕掛け人であるショウゴさんを紹介していただくことになった気がします。

 

Roy Ellisとは↓↓

ずーっとずーっと大好きだったRoy Ellis。The Specialsや2Tone系のバンドがカバーしてるから曲自体は凄く有名だけど、本人演奏なんてなかなか見れるもんじゃない。

だから行きたくて行きたくてたまらなかった来日公演。

 

その後はJaponicus関連のいろんなライブ会場にて出店させていただきました。

フジロックの会場でたくさんのアーティストを抱え、

忙しく働いてらっしゃる姿も見てました。 

いろんなバンドやアーティストが日本と世界を行き来する為の

キーマンであり、気さくて、凄くカッコいい、尊敬する人です。

 

Flogging mollyのベーシスト、Nathen率いるBunny Gang

Very Be CarefulZuloak x Fermin Mugurzaでの出店は個人的に印象的でした。

 

Bunny Gangの大阪公演でも出店させてもらいました。

もうルーツも何も私の大好きそのもので。。。即、意気投合したこのバンド。

Vo.のNathanはサウンドチェックの後、真直ぐ私のお店に来て、その場でTシャツを購入、着替えてライブをしてくれた。そのまま京都公演も出店で着いていくことになった。

 

Very be carefulは皆に勧められ、Fuji Rockで見てなんじゃこれーーーー!ってなったんだけど、、たまたまメンバーが私の働いてたところに遊びに来てくれて、、なんでだろう。。覚えてないや。CDあげて仲良くなったので、ショウゴサンにお願いして神戸、大阪と関西ツアーで出店させてもらった。観客を弾きつける力が強くて、お客さんがドンドン前のめりに踊りだすライブがほんと印象的だった。とにかく踊れる音楽の中にとんでもない気迫があるんです。

 

 

映画の中のバンドZloakの来日の時も、出店したいとお願いして名古屋まで行きました。ちょうどベースレスだったので、、、私ほんとにこの人たちについて帰りたかったのだ。。劇中の特別結成バンド、このツアーで解散とは言え、、、私も混ぜて欲しかった。ダイナミックでカッコよかった。めっちゃ頑張るから私も連れて行ってくださいって真剣にいいたかった。爆笑 もちろんメンバーはお店に来てくれて、ソックスGET! ほんとについて帰りたかった。

 

そして、DJ SCRATCHY。

パラグアイから気持ちだけ参加させてもらいました。。

 

Radical Music NetworkでのBB stoneとのコラボも楽しかったなぁ。。。

その他にもこれまで全く知らなかったジャンルの音楽やスペイン語圏の音楽を

教えていただきました。

多分パラグアイ行きの話をもらったとき

すんなりGOを出せたのは、

そういうラテン文化への興味が芽生えていたからだと思います。。。

 

私も自分で何かを体験したい、チャレンジしたいという気持ちがあったと思います。

全然うまくできてないですけど。。w

 

Japonicus↓↓↓

http://www.japonicus.com/

 

 

アルゼンチン滞在の超ハードスケジュールの中の休暇タイムに

幼馴染みのAttiとParaguay近くに釣りに行くとのことで、

ハチャメチャな私を気にかけてくださり、

よかったらおいで!なんて声をかけてくださったのがこの旅のきっかけです。

 

もちろん、行きます!

こんな機会は滅多にないですから。

という訳で、ショウゴさんとSeñor Attiの釣りツアーに同行することになりました!

 

これが物凄いのです。

続きはこの後。。

 

お楽しみに!

 

xx

 

tomiko

 

関連記事

 

arditomiko.hatenablog.com

arditomiko.hatenablog.com

arditomiko.hatenablog.com

arditomiko.hatenablog.com

arditomiko.hatenablog.com

arditomiko.hatenablog.com

arditomiko.hatenablog.com