Jungla de Cemento

la voz del paraguay

南米パラグアイ在住の画家、音楽家、Ardiのブログ

スペイン語知識ゼロで渡ったパラグアイ。仕事が決まりたまたま移住することになり、1年半。アラフォー、シングルマザー、ひょんなことから息子を連れ海を渡る。見た目はラティーノ中身は生粋の大阪人ardiの南米移住奮闘記です。 スペイン語日記や、学習覚書など、、こちらの暮らしに必須なスペイン語習得を目標に更新しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 日本語のブログは⇒ In the corner of Universe

毎日、下手なスペイン語と格闘する日々です。モチベーションを高めるために、このブログをはじめました。皆さんもスペイン語学習、ご一緒にいかがですか?!まだ勉強し始めたばかりの私に、お気軽にアドバイスやコメントをいただけると助かります。他にもパラグアイの観光情報なども紹介しています。地球の裏側の空気を少しだけでもお届けできれば嬉しいです!Gracias por ayudarme!!

 

サン・ファン祭り

f:id:arditomiko:20170801155050j:plain

6月、冬至(北半球では夏至)を祝うサンファンのお祭りがある。

この時期は毎週、毎日?どこかでお祭りが行われ、

歌に踊りに伝統料理がふるまわれる。

ゲームなんかもあるよ。

 

 

昔は火の上を歩いたりもしたとか。。

というのも夏至6月23日の前に行われていた古い儀式には

浄化を表す火を用いられるとかで、

それがキリスト教文化と結びついてサン・ファンとなったとかどうだとか。

キリスト生誕前夜祭12月24日その半年前の6月24日を祝う風習。

えーいまとめてやってまえ!

でcomida tipica(伝統料理)を食べる、キリスト教のミサも行う

みたいなことになってるにぎやかな6月。

冬至を境に一日一日、日が長くなっていくパラグアイ

冬の終わりの知らせに祝いたい気持ちもわかる。

スペイン語wikiより。詳しいことはわからない。w

 

この日は潤平君の学校で行われたサンファン祭りへ。

去年はお祭りがあることすら知らず、

たまたま前を通りかかって、参加できたこのお祭りですが、、、

今年は、ちゃんと知ってました!

前売り券も買えたし!

 

去年の様子

↓↓↓

arditomiko.hatenablog.com

 

お知らせに書いてあるように

黒のズボン、ストローハット、白いシャツ

までは完璧だった。

が、しかし、ベルトとハンカチとあったので

日本人の常識的なベルトとハンカチを持たせたら、、、

 

ちがーーーーーう!

黒のスカーフ!

トリコロールの紐ベルト!

 

ノーーーーーーー!

知るかよ。

パラグアイの伝統衣装なんて。号泣

 

この事態を何とかしたい母。

潤平に待っとけ!

と言って、一人家に走って帰る。

 

自分の黒いシャツを切り裂いてスカーフを作ると、

日本から持ってきた荷物の中から

100均のトリコロールの紐を探し当て

走って潤平のものへ!

 

紛いながらになんとかなったでしょ??

 

f:id:arditomiko:20170801155102j:plain

わからないことだらけ、

不安だらけ

そんなこと言っても通じない。

怖いことだらけ

辛いことだらけ

そんなこと言っても通じない。

 

誰にも通じない。

 

スペイン語を勉強しろ。

そういわれるだけだ。

 

だからもう話す気力がない。

日本語でも

スペイン語でも

話したくないのです。

 

全部は胃袋に入りきらなくても

その方が辛さは少ない。

  

ここまでたどり着くのに2年かかった。

 

今はもうスペイン語のみならず、

コミュニケーションに意欲的ではない。

 

ちょっと疲れてます。

 

f:id:arditomiko:20170801155110j:plain

シッカリ踊った潤平。

とっても嬉しかった。

かわいかった。

何とかなった。

 

てーか、パラグアイ伝統衣装なんて検索しても何にも出てこねえし。w

”ropa tradicional del paraguay”でかろうじて出たのがこれ。

↓↓↓

http://tareasdelcolegio.webcindario.com/imagenes/paraguay/traje_tipico.jpg

 

わかりにくーーーーー!

ベルトとスカーフを買っておこうと思った。w

 

日本ではまったく流通してないね。

かろうじて女性の伝統衣装ニャンドゥティはある。

 とはいえ、本とちょっとした飾りだけ。。

↓↓↓

 


ニャンドゥティ 楕円 (小)編み物 インポート パラグアイ 民芸品


パラグアイに伝わる虹色のレースニャンドゥティ 伝統の模様と作り方 [ 岩谷みえエレナ ]

 

f:id:arditomiko:20170801155124j:plain

踊りの後は食!

伝統料理が食べられます。

 

このブログではよく登場するパラグアイのホットケーキ、ベジュ

パラグアイのハンバーグ、パジャグア・マスカーダ

↓↓↓

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/originals/bd/a6/4f/bda64fd92a4a46a013ef7169711d616d.png

 

マンディオカ(タピオカ粉)の皮の揚げギョウザ、パステル・マンディオ

↓↓↓

https://s3-sa-east-1.amazonaws.com/assets.abc.com.py/2012/03/21/pastel-mandio-165161_595_361_1.jpg

そして何度聞いても聞こえない発音のChicharô。チシャロみたいなん。w

↓↓↓

http://3.bp.blogspot.com/--xdX77qyCbw/U6OQnuCs8kI/AAAAAAABOgI/KzQN34quoZ0/s1600/Dia-117_Chicharo-trenzado.jpg

これはパラグアイ版焼豚でしょうか。うまいです。

など、サンファンの期間は

こういったメニューが街中いたるところで食べられます。

 

この辺は、冬場のメニューという感じで、

普段もあるにはあるけど、他の食べ物をよく食べます。

 

まだまだ高いとはいえ、日本でもタピオカ粉が随分出回っているので

パラグアイの伝統料理もお手軽に作れそうだね!


タピオカスターチ 1kg

xx

 

Ardi

 

関連記事

    arditomiko.hatenablog.com