Jungla de Cemento

la voz del paraguay

パラグアイ・コロナウィルス対策:自宅待機期間延長

f:id:arditomiko:20200425141102j:plain

Hola! Tomikoです。

コロナウィルス対策により、

3月11日から続く、パラグアイの自宅待機期間。

延長に次ぐ延長で26日までとなりました。

 

 詳細は以前書きました

↓↓↓

arditomiko.hatenablog.com

 

ここから延長に次ぐ延長、

夜間の外出禁止が

企業活動の禁止になり、

現在は食材や日用品の買い出し

及びそれに携わる仕事以外での外出は

基本的に禁止となっています。

 

街はすっかりゴーストタウンです。

 

不要な外出は控えたい。

コロナウィルスにかかりたくないというより

アジア人へ向けられる視線に

少し疲れていました。

 

ツアーから帰ったばかりの

然の家賃値上げ、

4か月分の電気代の支払い、

息子の音楽学校の入学金支払いの後の

生活費のない今、

収入も激減して、

買い物どころではなかった。。

 

という訳で、

安価な小麦粉を買いだめし、

パンやピザを作って凌ぐ日々。

 

f:id:arditomiko:20200425141112j:plain

息子の大好物メロンパンもよく焼いてます!

 

f:id:arditomiko:20200425141121j:plain

出来立てのメロンパンは本当においしい!

 

f:id:arditomiko:20200425141132j:plain

サクサクのフワフワです!

 

1カ月以上も隔離生活を続け、

比較的引きこもりの私は

特に堪えていないと思っていたんですが、

今回の世界的なロックダウンで

念願だった夏のツアーも絶望的になったり、

いろんなことが重なって、

きっと精神的に随分落ち込んでいたんだと思います。

 

もう来週の食べ物すら買えないという状況で

遂に倒れました。。

↓↓↓ 

arditomiko.hatenablog.com

 

デング熱に。。。

免疫が落ちているとこうなります。

自分でもそんなつもりはなかったし

ゆっくりした時間がありがたいと思ってた。

 

でも、やっぱり、

一番辛かったのは

ツアーのことだと思います。

私にとってはとてもとても

嬉しくて何としてでも実現させたかったことだから。。

 

生きてりゃ何とかなるよ。

って口じゃ言ってたし

自分でもそう思ってた。

 

それにこれまではどんなにお金がなくても

私にはギターがある。

ストリートで歌えば

生きていける。

自信があった。

それを奪われたら、、、

どうしたらいいの?

どうやって生きればいいの?

 

だから、

ほんとは凄く苦しくて

不安で不安で、、

悪あがきしても

その前に目先の生活すら

ままならない状態になっていって

 

本当に本当に精神的に追い詰められてたんだと思う。

 

 

【AD】

 

 

 

f:id:arditomiko:20200425141145j:plain

きっと今年は何もできないとしても

この時間になにか出来ることをやって

一歩でも自分の夢に近付けるように

そうあがいてたんだと思う。

 

だから、ほんとに許容量以上のことをやってたし、

そのことで体にも負担をかけてた。

 

自宅待機はいったいつまでなのか

全く先は見えません。

発表では26日

しかし、それ以降も人が集まるような

イベントや集会、学校などは

当分は規制がかかるでしょう。

 

ようやく音楽をやる気力を取り戻した今なのに。。

ようやく南米大陸を離れられる日が迫っていたのに。。

ようやくいろんなことを前向きに考えられるようになった今なのに。。

 

そんな風に考えたくなくても

どこかでそう落ち込んでいたのかもしれません。

 

これまでに誰も経験したことがない。

世界中が隔離されてる今の状況。

誰にも会えない。

人と話すことももうなくなった。

 

家族がいない。

身寄りがない。

それがこんなに不安なことだなんて

この一ヵ月で更に感じさせられました。

 

でもね、ここで5年間頑張ってきた

それが報われたのか、

学校の生徒たちの保護者の皆様や

日本人会の役員さん、先生方が

デング熱にかかった私を心配して

駆けつけて下さり、、

 

食べ物も何もなかった我が家にお米や非常食を

たくさん持ってきてくださいました。

 

本当に涙が出るほど嬉しかった。

そうして、病院で診察を受けることができ、

毎日朝からパンやスコーンを焼く手間もなく

ご飯を食べることができるようになりました。

 

自分がみっともなく

情けないです。

 

でもそう考えてもなにも変わらない。

生徒たちに還元できることを

考えたい。

 

そして、面白いやつでいたい。

いつも面白いことをやってる。

なんか元気が出るってみんなに思ってもらえるような。。

そういうことを続けたい。

 

BIGOでの弾き語りもその一つ。

なんとなく始めたことだったから

ほんとにびっくりしてる。

出会ったことのない人々。

いろんな国から、たくさんの方が観に来てくれるようになりました。

ただライブ配信で弾き語りをしてるだけ。

そんな私を気にかけて下さり

いつもいつも応援して下さる人々に出会い

励まされています。

 

なにか皆さんに還元できることをしたい。

 

健康で、もう年は取っているけど、、笑

キラキラしていたい。

皆の心が明るくなるような。。。

そんなパワーを届けたい。

 

いつ死ぬかなんてほんとにもうわからないや。

デング熱はそれくらいショッキングやった。

出来ることはやろう。

落ち込んでる時間なんてもうないのかもしれない。

人生きっともう半分は生きてるんだから。

残りはそんなに長くない。

 

いや、一切落ち込んでなかった。

むしろ何とかしようって必死やった。

じゃあどうしたらいいんだろう。。

落ち込んでもないのに、弱ってたんだもん。

 

わかんない。

どうすりゃいいかなんて

わかんないけど、

生きようぜ。

 

なんとかなるも

こんな時の呪文ではない。

それは分かった。

 

隔離というものはまじで恐ろしい。

本当に恐ろしい。

それも分かった。

 

けれどどうすりゃいいかなんてわかんない。

強がってもきれいごと言っても

ぶっ倒れては意味がない。

 

どうすればいいかも

結局何にもわかんないけど、、、

 

早くみんなに会いたいです。

 

そして、

こんな私をいつも気にかけてくれる皆さんに感謝。

私は生かされていると思う。

だから余計に頑張るけど、

そしたら余計に壊れて

いつも繰り返し。

 

うまくいかないけど、

自分にできること

しっかりやります。

 

ただ生きる。

生きるは音楽。

生きるは旅。

どっちも出来ない。

でも生きる。

ただ生きる。

今はそれだけが目標でも

いいのかもしれない。

 

 

xx

 

tomiko