Jungla de Cemento

la voz del paraguay

【マヌ・チャオ Manu Chao】 初パラグアイ!レポート③ ~盛り上がるキャンペーン#ManuChaoEnLaChispa

f:id:arditomiko:20181126095817j:plain

ネットを通じ、マヌ・チャオの訪問を求めるギャラリー

前回までに書いたマヌ・チャオパラグアイで発足したネットキャンペーンと、それを望むあまりメールをしてしまった日本人女性と、つたないスペイン語メールに返信があり、La Chispaのキャンペーンを知ってくれたこと、フェスティバルに招待されたことろまでを書きました。

今回はキャンペーンで盛り上がる世論について紹介していきたいと思います。

前回までは下記より

 ↓↓↓

 arditomiko.hatenablog.com

 

とりあえず、マヌ・チャオ・サイドから返信があったこと、

La Chispaのキャンペーンの存在を認識してくれたことを下の記事にも登場する責任者に伝えました。

 

お世話になっていたLa Chispaのご夫妻は今は運営から一歩退き、彼に任せているというので、紹介してもらいました。

 

いろいろやり取りをしたあと

連絡は途絶えました。。。

 

仕方ない。

私にできる最大のこと、

”とにかくこのキャンペーンをご本人に伝えるということ”

だけは達成したのだ。

それ以上にできることはなにもない。

頑張った。。よね?ファインプレーだよね?

 

後はみんなの強い思いが届くことをただ祈るだけだ。

 

 

【AD】

 

 

 

ちなみに、TOP画像はLa Nacion紙の記事のスクリーンショットです。

世論がどんどん盛り上がってきました。

記事はこちら↓↓↓

www.lanacion.com.py

 

このキャンペーンを詳しく書いています。

 

Vía redes sociales, invitan a Manu Chao a visitar centro cultural

ネットを介し、マヌ・チャオ訪問を求めるギャラリー

Manu Chao visitará Paraguay este sábado 24 de noviembre en el marco del Cosquín Rock.

マヌ・チャオは24日の土曜日にコスキン・ロックのため、パラグアイを訪れます。


El cantautor franco-español Manu Chao tocará por primera vez en Paraguay, en el marco del festival Cosquín Rock, este sábado 24 de noviembre en el Espacio Idesa de Asunción junto a Skay y Los Fakires, Ciro y los Persas, Las Pelotas, La Vela Puerca, más artistas nacionales.

スペインとフランスのシンガーソングライター、マヌ・チャオは11月24日にel Espacio Idesa de Asunciónで行われるCosquín RockフェスティバルにSkay y Los Fakires, Ciro y los Persas, Las Pelotas, La Vela Puercaといった国内アーティストと共に出演するため、初めてパラグアイを訪れます。

 

El ex líder del grupo Mano Negra anunció su primera visita bajo el proyecto El Chapulín Solo. El autor de “Señor matanza”, “Mala vida” y “Clandestino” vendrá a Paraguay con este show. Entradas en venta en Red UTS a un costo de Gs. 180.000.

マノ・ネグラのリーダーはエル・チャプリン・ソロというソロ・プロジェクトの一環で初めてパラグアイを訪問します。“Señor matanza” “Mala vida”“Clandestino” などの作者のショーがパラグアイで行われます。チケットは180.000Gs、Red UTSで購入できます。

 

Para muchos de sus seguidores resulta poco creíble que el artista haya demorado tanto tiempo en anunciar su llegada a nuestro país luego de recorrer en innumerables ocasiones gran parte del continente ya desde la época en que lideraba Mano Negra siendo Paraguay el único país al que hasta ahora aún no visitó.

マノ・ネグラ時代から、南米大陸を数えきれないほど旅してきた彼が、唯一訪れていない国がパラグアイであることは、彼のファンにとって、とても信じがたい事です。

 

Para los organizadores del denominado “Manuchazo”, campaña en redes sociales para invitar a Manu Chao a visitar el centro cultural La Chispa bajo el hashtag #ManuChaoEnLaChispa, resulta difícil de creer que nunca llegó al país, más aún teniendo en cuenta que su primer disco solista “Clandestino” cumplió 20 años en octubre pasado.

いわば、マヌ・チャオをギャラリーLa Chispaに呼ぼうとする#ManuChaoEnLaChispaを主催する”マヌチャソ”にとって、ソロでの1stアルバム発売から10月に20周年を迎えたものの、未だこの国を訪れていないことは信じがたい事なのです。

 

La portada de este emblemático disco retrataba al músico apoyado contra una pared. “Esperando la última ola”, refería el subtítulo del álbum que se convertiría en un clásico del rock latinoamericano sin contar siquiera con guitarras distorsionadas.

壁の前に立つアルバム・ジャケットに”最後の波を待っている”のサブタイトル、それはギターを歪ませない、ラテン・アメリカのクラッシック・ロックを象徴していました。

 

Desde La Chispa, el centro cultural que se encuentra ubicado en pleno centro de Asunción, sus responsables dimensionan la importancia de esta presentación, por lo que intentaron contactar con el artista para que visite el local debido a la afinidad musical y política en favor de las minorías excluidas.

アスンシオンのセントロに位置し、追いやられるマイノリティを支持する音楽性や政治感に共感するLa Chispaは、ここへの来訪しプレゼンテーションをすることの重要性を、彼を招待するキャンペーンで訴えています。

 

En consecuencia, proponen que tanto seguidores del músico como personas que frecuentan La Chispa utilicen las redes sociales, para que Chao se entere que puede contar con el espacio durante su llegada a la capital paraguaya y aseguran que hasta se permiten soñar con una presentación alternativa al evento.

ラ・チスパを利用するマヌ・チャオを音楽家、そして一人の人として支持する多くのファンをインターネットを介し、彼がパラグアイの首都に来たときは、イベントに代わるプレゼンテーションができる場所になることを願っているといいます。

 

f:id:arditomiko:20181126145335j:plain

Si @manuchao sabe lo que representa La Chispa para la movida under, para la diversidad, para las disidencias. Si sabe que okupamos la calle con música, arte y política, estoy segura de que va a querer venir a tocar. #ManuChaoEnLaChispa

もしマヌチャオがラ・チスパが不平等や多様性の為に活動していることを知ったら、彼が音楽、芸術、政治で街に立っていることを知ったら、きっと彼はここにきて演奏したいと思うでしょう。

 

“Queremos que venga a ver otra mirada de la cultura y contracultura que existe en Asunción. Sabemos que en La Chispa puede encontrar eso. También porque hay seguidores de su música que por el costo de la entrada no lo podrán ver”, expresó Sebastián Coronel, uno de los responsables del centro cultural.

アスンシオンカウンターカルチャーを見に来てほしい。ラ・チスパにそれがあることを私達は知っています。また彼のファンは高い入場料の為、演奏を見ることができないのです。責任者の一人セバスチャン氏は述べました。

 

El proyecto “El Chapulín Solo” mostrará al músico franco español solamente con su guitarra a cuestas, en Asunción, por lo que no resulta imposible que pueda brindar una presentación alternativa en La Chispa, lugar donde todas las actividades son gratuitas para los artistas que buscan dar a conocer su arte.

エル・チャプリン・ソロはギター一本でフランスとスペインの音楽を奏でるプロジェクトであるため、ラ・チスパで別のプレゼンテーションをすることは不可能ではありません。ここは、多くの人がアートに出会い知るためにすべてのアーティストに無料で開放している場所なのです。

 

f:id:arditomiko:20181126145309j:plain

Manu Chao visita nuestro país y se vuelve fuerte el deseo de que visite La Chispa, pero se nos hace un poco difícil comunicarnos con él. Entonces se nos ocurrió que agitar las redes sociales puede acercarnos un poco más a este sueño. #UniteAlGrito#Manuchazo #ManuChaoEnLaChispa

マヌ・チャオが私たちの国を訪れることでラ・チスパ来訪への願いは募りますが、彼とコンタクトをとることは少し難しいです。この夢に辿り着くには、SNSを揺さぶっていくことです。

 

Manu Chao desde inicio de su carrera hasta hoy siempre se caracterizó por visitar espacios tan impensados a favor de la clase trabajadora. Creemos que un lugar como La Chispa también representa ese mismo espíritu”, dijo Coronel.

マヌ・チャオのキャリアではこれまで一貫して、信じられないような場所でも賛同すれば訪れています。ラ・チスパもそういうスピリットを持った場所であると信じています。とコロネル氏は語ります。

 

Igualmente, Coronel recordó que en 2005, Chao dedicó algunas palabras a Mamangá, la revista universitaria generada por estudiantes de la carrera de periodismo de la Universidad Nacional de Asunción.

同様に、Coronelは2005年、アスンシオン国立大学報道課の学生によって作成された大学の雑誌Mamangáにマヌがメッセージが記載されたことを思い出しました。

El organizador comentó que formó parte de la publicación y que el músico llevó varios ejemplares tras su paso por Mar del Plata, Argentina, en la Cumbre de los Pueblos ante la visita de George W. Bush al país vecino en el año 2005.

ジョージブッシュが近隣諸国を訪れる前に、マヌ・チャオがマール・デ・プラタの民衆サミットに足を運んだことを記載した記事です。

 

“Nunca llegué a Paraguay. Estamos en deuda, llegaremos un día. ¿Por qué? No sé, falta de tiempo, falta de organización. Nadie tampoco... bueno. Culpa nuestra. Estaremos llegando un día”, expresó Manu Chao en la referida revista.

パラグアイには行ったことがありません。恩がある、いつか到着するでしょう。何故って?わかりません。時間やオーガナイズ不足。誰も、、、、まぁいいです。私たちの責任です。いつかたどり着くでしょう。

とマヌは取材に応えました。

f:id:arditomiko:20181126145217j:plain

La Nacion

 

キャンペーンは日に日に拡がりを見せ、

新聞記事の数もどんどん増えていった。

 

私はここに来て、マヌさんの曲を何度も演奏したけれど、

何の反響もなく、いつもがっかりするほどだった。

けれど今ではラジオからもマヌ・チャオの音楽が流れている。

なんてこった!

 

凄いね!

 

それだけではない。

初めは気でも狂ったかのように

一人でマヌ・チャオパラグアイの知らせを

延々SNSに書いていた私、

嬉しすぎてうれしすぎて。。。笑

何言ってんの、っていう感じで見られてたんだろうけど、、、

 

日に日にマヌ・チャオ好きなんでしょ?

見に行くんでしょ?

と声をかけられるようになってきた。

 

パラグアイという国の情報共有スピードには

めちゃくちゃ驚かされる。

 

これはこの国が若く柔軟な証拠なのかもしれない。

きっと何か素敵なことが起こりそうなそんな期待を抱いた。

 

そして、来パラグアイ前日の朝

#ManuChaoEnLaChispaについて:
マヌから返信があった。La Chispaに行くためにできる限りのことをします。

これが最後のコンタクトでした。
私たちは、何かを保証したり、誤った希望を作りたいとは考えていません。
毎日のように活動が始まっていますが、土曜日が最も有望だと考えています。その日、友人である全てのバンドと、私たちは、La Chispaの特徴であるように、パーティーを準備するつもりです。

ネットワークを揺らし続けて、実現するまで#ManuChaoEnLaChispaを叫びましょう。 会いましょう!
美しいイラストを提供してくれたYvaga Sofiに感謝します。

 

 

遂に連絡を受け取ったようだ!

これは、、、、実現しそうだ!

 

なんてこった!

奇跡は起こるのかもしれないぞ。。。

 

それにしても、いいねの数を見るとこの国がどれほど小さいか

理解してもらえると思う。

小さな物音が新聞記事になるほど、とても閉ざされたコミュニティである。

利点はもちろんある。しかし、そこには大きな壁もある。

私が未だに居場所を見つけられていないように。

とても難しい。

 

しかしこのミュニティ社会に

今回ばかりははみ出し者の私も

真剣に感謝した。

ありがとう。。。

 

奇跡は起きたのかは次回のお楽しみ!

 

 

続く!

↓↓↓

arditomiko.hatenablog.com

 

 

Manu Chao / マヌ・チャオ

Mano Negraのボーカリストとして知られる。フランス生まれスペインにルーツに持つ音楽家。ラテン圏のミクスチャー音楽を世界に新たな形で提示した存在と言える。多言語を用いた歌詞や現在も進行するRebel Musicを奏でるスタイル、ライブパフォーマンスが唯一無二のアーティスト。

Manu Chao.net

"マヌ・チャオの世界 El mundo de Manu Chao" WEB IN JAPANESE!!!!! | Manu Chao.net

マヌ・チャオ - Wikipedia

 

 


Clandestino


Próxima Estación: Esperanza


ラディオ・ベンバ・サウンド・システム


Baionarena


ラ・ラディオリーナ


Puta's Fever


King Of Bongo


Patchanka


Casa Babylon

 

 

 

 

Por favor ayudarme

ブログへの投げ銭よろしくお願いします!

 

 

おもしろいと思ったら

amazonギフト券でサポートしてください!

↓↓↓

アマゾンギフト券 一口15円から

宛先:rebeloradio[a]gmail.com([a]を@に変えてください。)

もし何かを買う時はこちらのブログで買ったものをお知らせします!

 

 

もしくは

tomikoの欲しい物リスト

パラグアイでは500円前後のカポだって

超高級品です。

私の収入では超高級品です。

ギターの弦も簡単に買えるものではありません。

切れたら一本ずつ交換しています。

この国の最低賃金は4万円です。

しかし衣料品や生活用品、外食費は日本と同じ額です。

音楽活動並びに、表現活動を続けるためにどうかサポートしてください。

よろしくお願いします。

 

xx

 

tomiko