Jungla de Cemento

la voz del paraguay

女子高生とランバダ!

女子高生と即興ランバダ!

歌ってみました。

日本でもこの曲って馴染み深いですよね?

 

パラグアイの女子高生はかなり大人っぽいです。

体格なんて私負けてるし。。。笑

でもかわいいですよね。

みんな。

ランバダ知ってるー!っていうから

じゃあ歌ってみよう!

ということでその場でビデオに収めてみました!

 

ランバダと言えば、

 


Lambada (Original Version 1989)

これです!

ブラジル発!世界で流行したダンスミュージックとして

私達は知ってますよね。

パンツ見せるこのダンスも

話題になりました。

 

うーーーん。。

日本ではもう若い世代の人って

これ知らないのかな???

 

 

そうです。

日本語版もありましたね。

ラテン圏の曲久々の大ヒット!

 

 

↓↓↓


ランバダ

 

 この後、恋のマカレナなんかも流行ったよね。

 

しかーーーーし

これ実はボリビアのLos Kjarkasというバンドがオリジナルらしいというのは

以前ブログで書きました。

↓↓↓

arditomiko.hatenablog.com

 


Kjarkas: Lo Mejor Vol. 1: Llorando Se Fue

 

【AD】

 

 

 

 

という訳で、

ランバダには

Llorando se fue というスペイン語歌詞があるのです。

 

私はポルトガル語がさっぱりなので、

こっちの歌詞をメモしてます。

 

ポルトガル語Ver

Chorando se foi quem um dia só me fez chorar

Chorando se foi quem um dia só me fez chorar

Chorando estará, ao lembrar de um amor

Que um dia não soube cuidar

Chorando estará, ao lembrar de um amor

Que um dia não soube cuidar

A recordação vai estar com ele aonde for

A recordação vai estar pra sempre aonde for

Dança sol e mar, guardarei no olhar

O amor faz perder e encontrar

Lambando estarei ao lembrar que esse amor

Por um dia, um instante foi rei

 

 

 

スペイン語Ver

Llorando se fué Y me dejó sólo sin su amor

Llorando se fué Y me dejó sólo sin su amor

Sólo estará , recordando este amor

Que el tiempo no puede borrar

Sólo estará , recordando este amor

Que el tiempo no puede borrar

La recuerdo hoy Y en mi pecho no existe rencor

La recuerdo hoy Y en mi pecho no existe rencor

Llorando estará, recordando el amor

Que un día no supo cuidar

Llorando estará, recordando el amor

Que un día no supo cuidar

 

似てるーーーー!

並べてみるとめっちゃ似てる!

けどポルトガル語さっぱり入ってこないーーーー!

暗号にしか見えないーーーー!

 

日本語Ver

JIRI-JIRI と灼けつくその瞳
誘うように髪を掻きあげるわ

寄せる波かわしてゆく
恋なんて もういらない
からめ合う指で熱く
身体ごとさらってほしい

耳元で繰り返す囁やき
花びらを赤く染めてゆくわ

※燃えあがるこの情熱
ときめきを止めないで
誘惑の危険なリズム
今だけはあなたのもの※

濡れた肌 近づく美少年
そそるように胸もとを開くわ

欲しいもの欲しいと言う
無邪気さを 抱きしめて
せつなさもエクスタシー
歓びにひたっていたい

潮風に乾かしたマニュキュア
背中へと長く立ててみるわ

 

どうしたん?これ。。。

しばきたいっすね。

何この歌詞。。。

 

腹立つわ。

 

という訳で元の歌詞が何を言っているかを見て行きましょう。

(意訳です。)

 Llorando se fué Y me dejó sólo sin su amor

ジョランド・セ・フエ・イ・メ・デホ・ソロ・シン・ス・アモール

泣きながら彼/彼女は去り、私は彼/彼女の愛なしに残された

 

Sólo estará ,recordando este amor

ソロ・エスタラ・レコルダンド・エステ・アモール

ただ愛の記憶だけが残る

 

Que el tiempo no puede borrar

ケ・エル・ティエンポ・ノー・プエデ・ボラール

あなたと過ごした時間は消せやしない

 

そう、、情熱的なダンスから想像もつかない程

とても悲しい恋の歌なんです。

 

真っ直ぐな恋の歌。

 

それを、、、、、

こんなぐっちゃぐっちゃな日本語歌詞をつけるなんて、、、

酷いと思いません???

 

歌詞をエロにしたらこの曲の良さは全く壊れてしまう。。

この哀愁のメロディ。。。

情熱と叶わない愛。

南米の良さが詰まってる気がする。

 

日本語詞の酷さに悲しくなった。。。

 

f:id:arditomiko:20180822093536j:plain

f:id:arditomiko:20180822093706j:plain

f:id:arditomiko:20180822093713j:plain

地球の裏側で音楽普及活動中!!?

 

 

f:id:arditomiko:20180822093724j:plain

地球の裏側で火遊び中!!?

 

f:id:arditomiko:20180822093747j:plain

当て字!

マニキュアで書きました!

 

xx

 

tomiko

 

 

 

 

Por favor ayudarme

ブログへの投げ銭よろしくお願いします!

 

 

おもしろいと思ったら

amazonギフト券でサポートしてください!

↓↓↓

アマゾンギフト券 一口15円から

宛先:rebeloradio[a]gmail.com([a]を@に変えてください。)

もし何かを買う時はこちらのブログで買ったものをお知らせします!

 

 

もしくは

tomikoの欲しい物リスト

パラグアイでは500円前後のカポだって

超高級品です。

私の収入では超高級品です。

ギターの弦も簡単に買えるものではありません。

切れたら一本ずつ交換しています。

この国の最低賃金は4万円です。

しかし衣料品や生活用品、外食費は日本と同じ額です。

音楽活動並びに、表現活動を続けるためにどうかサポートしてください。

よろしくお願いします。