Jungla de Cemento

la voz del paraguay

ブエノスアイレスへ行こう!!【⑨ボカ弾き語りチャレンジ編】

f:id:arditomiko:20190205025916j:plain

Hola! tomikoです!

前回はボカ地区の治安と行き方について説明しました。

治安の良し悪しを決めるものって意外と

イメージだったりするんじゃないかな・・・

っていうお話でした。

皆さんは日本が治安のいい国で外国は治安が悪いと思いますか?

そういうお話でした。

 

arditomiko.hatenablog.com

 

もうブエノスアイレスシリーズがNo.9です。。

 

今回はまず、動画から!!

 

ボカの様子をビデオにまとめました。

アルゼンチンはストリートミュージシャン天国ということで

調子に乗って歌えもしない曲までやってしまったんだけど。。。

めっちゃ人に見られまくって、声もかけられて、、、

やめられなくなってしまったため、、、

適当に日本語で歌いだすというハプニング映像ですが、、、、

このことで、後にまたいろいろ起きるんです。。

それは記事のラストに。。

 

f:id:arditomiko:20190205030526j:plain

この日の息子は終始ご機嫌斜め。

旅の疲れが出始めたらしい。

 

f:id:arditomiko:20190205030405j:plain

どうやったらこんなにかわいいことになるの?ってほど素敵です。。

 

f:id:arditomiko:20190205030946j:plain

タンゴバーやお土産物屋さんだらけのメインストリート。

ちっちゃいテーマパークだ。

 

f:id:arditomiko:20190205031037j:plain

移民の街だけあって、ヨーロッパ様式の建物も多い。

 

 

【AD】

 

 

 

f:id:arditomiko:20190205031117j:plain

生活感が漂ってる。

てかなんで広場にソファ?!

誰も座らないソファ。。

 

ここでも弾き語りをしてみたよ。

 

Buen Viaje / tomiko takino

いつもの朝 目を覚ます

どこからか 聞こえてくるのさ

こんなに遠くにいても 同じ空の下

穏やかな風に吹かれて 今を抱きしめる

だから hey 僕たちは 拭えない痛み抱えて

もう一度 hey まだ見えぬ 未来に足踏みしながら

後ろ向いても 逆立ちしたって 歩いてゆくのさ

いつかどこかで会えるといいな

 

覚めない夢 君を悩ます

何度でも 繰り返し 振り出し 始めよう

こんなに側にいても 時々すれ違う

もどかしい風に吹かれて 君を抱きしめる

だから hey 僕たちは 拭えない痛み抱えて

もう一度 hey まだ見えぬ 未来に足踏みしながら

冷たい雨に打たれても 歩いてゆくのさ

きっと明日は 晴れるといいな

 

f:id:arditomiko:20190205031142j:plain

カワイイ塗装とPOPなペイント

いちいちかわいい。

 

f:id:arditomiko:20190205031203j:plain

でたよ。Y字路!

 

f:id:arditomiko:20190205031233j:plain

もう全部が演出できないかわいさやねん。

せこい。。

 

 

f:id:arditomiko:20190205031250j:plain

町中色であふれかえってる。

 

f:id:arditomiko:20190205031256j:plain

シルクスクリーン・アート

これ凄い素敵でした。

 

f:id:arditomiko:20190205031312j:plain

お土産物屋さんの裏手はこんな感じになってる。

ほんと、なんなん!ってつっこみたくなるかわいさ。

 

f:id:arditomiko:20190205031335j:plain

反則やと思う・・・

私もこんな家に住みたいのに・・

 

f:id:arditomiko:20190205031347g:plain

相変わらず不機嫌な息子

でもマラドーナは探せと言う。

 

f:id:arditomiko:20190205031400j:plain

マラドーナおらへんな。。。

いったいどこに行ったらいいんやろう。。。

 

f:id:arditomiko:20190205031414j:plain

手作り感半端ない。

私も家作りたい・・

 

f:id:arditomiko:20190205031428j:plain

なんでなん?っていうかわいさのドア・・・

 

f:id:arditomiko:20190205031730j:plain

f:id:arditomiko:20190205031740j:plain

広場もペイントが素敵!

この広場の隣が前のページで書いたスーパーDia!

お水買うのにぴったりです!

 

f:id:arditomiko:20190205031501j:plain

ボンボネーラに行く道。

かわいいけど、何故かふと、、、小樽を思い出した。

港町。。。笑

 

 

f:id:arditomiko:20190205031523j:plain

そして、ボンボネーラことボカ・ジュニアーズのスタジアムの近くにて

遂に発見したマラドーナ

 

この絵はほんとに有名で

みんなよく記念写真を撮ってます。

 

 

 

f:id:arditomiko:20190205031604j:plain

こういうところだよね。。

映画「ブエノスアイレス」のアパートってきっと。。

 

f:id:arditomiko:20190205031625j:plain

大好きな人に会った・・・

この方アルゼンチン人です。

ボカに所縁があったのかは知らんけど。。。

前回ブログでも言ったように

初の社会主義議員を出した歴史を思うと

この街でも愛されているようです。

 

以前も説明したように

日本人の私はCheという呼び名に何の違和感も持たなかったから

パラグアイに来てから知ったんだけど、、、

 

ゲバラの愛称であるChe、

パラグアイやアルゼンチン、ブラジルの

先住民族グアラニー族の言葉。

パラグアイは90%以上がグアラニー族などの先住民族との

メスティーソ(混血)といわれている。

アルゼンチンは先住民族の文化がパラグアイほど残っていないけれど、、

このCheという言葉は

めちゃくちゃ使う。

 

Cheはグアラニー後で一人称、俺って意味らしいけど、

基本ここで使うのは呼びかけ、

確かに一人称だけど、もっと用途は多彩とみんな言う。

 

口開けると

チェ――――――!って

いうんですよね。

 

人に出会ったらチェ

話のはじめにチェ

チェチェチェチェ

とにかくチェ

 

ゲバラも例外ではなく、

チェ、元気?

チェ、今日は暑いなぁ。。

チェ、どうだった?

とかいってたんだろう・・・

 

だから、他の国の人たちがそれを聞いて、、、

あのチェチェ言うやつ・・・

ってなって、

チェが愛称にな ったみたい。

 

f:id:arditomiko:20190205031643j:plain

Messiもいるよ。 

 


f:id:arditomiko:20190205031706j:plain

 この隣に座りたかったわ。。。



f:id:arditomiko:20190205031536j:plain

もうスウェーデンにしか見えない。。。

詳しくは前回記事、ボカという街についてより。。

 

 

La Bombonera

ボカ・ジュニアーズのスタジアム。

ミュージアムもあるらしい。

入場料がかかるので行きませんでした。

 





さて、マラドーナの前で弾き語りをしたことで、

タンゴ・シンガーの女性に声をかけられました。

 

この後、カミニートのど真ん中にある彼女のスタンドへ行き、

カミニート入り口の広場でもう一度、リクエストいただいたため、

歌えもしない、適当な日本語でやり過ごしたあの曲を

披露しなければいけなくなります。

お陰様で観光客にこれでもかーーーー!ってほどカメラを向けられ、

変な日本語のLa vida es una tombolaは多くの人の記録に保存されてしまいました。。笑

ほんとに、旅は面白い。
不思議なことが起こる。
出会いを楽しむ機会をくれる。

 

毎日奇跡の連続です。


まだまだ続きます。

次回はボカで出会ったタンゴ・シンガー

 ↓↓↓

arditomiko.hatenablog.com

 




xx

 

tomiko

 


アルゼンチン放浪記は↓↓↓