Jungla de Cemento

la voz del paraguay

南米パラグアイ在住の画家、音楽家、Tomiko Takino(瀧野 宝子)のブログ

スペイン語知識ゼロで渡ったパラグアイ。仕事が決まりたまたま移住することになり、1年半。アラフォー、シングルマザー、ひょんなことから息子を連れ海を渡る。見た目はラティーノ中身は生粋の大阪人ardiの南米移住奮闘記です。 スペイン語日記や、学習覚書など、、こちらの暮らしに必須なスペイン語習得を目標に更新しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 日本語のブログは⇒ In the corner of Universe

毎日、下手なスペイン語と格闘する日々です。モチベーションを高めるために、このブログをはじめました。皆さんもスペイン語学習、ご一緒にいかがですか?!まだ勉強し始めたばかりの私に、お気軽にアドバイスやコメントをいただけると助かります。他にもパラグアイの観光情報なども紹介しています。地球の裏側の空気を少しだけでもお届けできれば嬉しいです!Gracias por ayudarme!!

 

再びアレグアへ【陶器の街→イチゴの街】

f:id:arditomiko:20170919002359j:plain

さて、

再びAregua/アレグアへやってきました!

アスンシオンのバスターミナルからバスで1時間30分くらいの街です。

この日は242番Ypacarai(ウパカライ;イパカライ湖の思い出っていう曲で有名だけどグアラニ語の発音ではウパカライに近い)に乗ります。

 

 

https://scontent-sea1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/s480x480/e35/13117907_666722066799339_329574787_n.jpg

この写真はターミナルから5分くらいの場所にある中継所のもの。

 

https://scontent-sea1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/s480x480/e35/12501526_1697437303869651_1048815708_n.jpg?ig_cache_key=MTIxNzc0NTMzNTI0MzA2MDEyOQ%3D%3D.2

こちらはアレグアの街を走る242番。

 

前回の探訪の様子は

↓↓↓

arditomiko.hatenablog.com

 

前回訪れた時、陶芸教室が冬期休暇に行われるとのことだったんだけど、、、

なんと潤平のスピーチコンテストと重なってしまい、、、

行けずじまい。

という訳でイチゴの季節が到来したこともあり、

もう一度訪ねてみた!

 

潤平のスピーチコンテストの様子はここで書きました!

↓↓↓ 

arditomiko.hatenablog.com

 

Linea 242 Ypacaraiのアレグアまでの経路はこんな↓↓↓感じ。

私は本当に地図オタクでございまして。。。

だいたいなんだけど一度通った場所は地図で辿れるんです。

街の景色を見ながら、地図にすることができるというあまり必要でないけど

サバイバル力は高いぞ!という能力を持っているんですよね。。

折角なので時間がある時は経路案内でも作ってみようと思う。

若干誤差があったらごめんなさい。

たまにナビがズレる時もあるので。

でも大まかには合ってる。

ケータイ、外ではネットに繋がってないから、

マジで勘なんですけど

行ったことない土地で迷うことがないんですよ。

地図だけなんとなく頭に描いておくと

知らない目的地にもカンでたどり着けるし、

裏道から帰ることもできる。

意味が分からん特殊能力です。

 

これまであんまり言わなかったけど、実は私、歩くナビなのです。

だからこんな国でガイドなしで車なしネットなし地図なしで、

生きていけてる訳なんですよね。

ちょっとオタクっぽいし、変やと思われるから内緒やで。

 

そういえば、ちゃんと習う前は、計算も掛け算でも見ただけで3桁くらいまでなら暗算できた。

地図が勝手に浮かぶのと同じ感じで、勝手に頭の中で答えがでてきたの。

何故かはわからないけど、方法を学べば学ぶほどできなくなっていった。

未だに私の中の独特の回路をちょっとだけ覚えてるとはいえ、

もう一桁計算も怪しいもんだ。w

教わるということより、自分の方法で自然に。という方が向いていたみたい。

学べば学ぶほど出来なくなって遠回りしていった。

考えれば考えるほど出来なくなって遠回りしていった。

そんな人生。

地図に関しては学ぶことも考えることもないので未だに変な直感が働くのです。w

 

これってまだ残ってる子供の頃の純粋性みたいなものなのかな。。。

見たまましか描けない私の絵もこういう感性に近いのかもしれない。。。

ある意味それも空間認識力なのか?

 

そんなことはおいておいて

冬の終わり、アレグアの街はイチゴで溢れかえります!

おかんは目が♡

残念ながら陶芸教室は先生がおらず

即日はやっぱり無理とのことでした。。。

ので、イチゴーーーー!

 

f:id:arditomiko:20170919002016j:plain

うっまそーーーーーーー!

クリームとイチゴのパフェ。

 

 

 

f:id:arditomiko:20170919002025j:plain

 

 

僕イチゴ食べられへんし。。

スネる潤平。。

アレグアのイチゴは酸っぱい。

だから、クリームたっぷりで食べるとめっちゃうまいのだ!

半端なくうまいよこれ。

イチゴ漬けみたいなのもまたうまい。

程よい酸味でクリームペロッといける。

たまらん。。。

 

f:id:arditomiko:20170919002003j:plain

アレグアは本当に美しい街。

何にもないけど

歩いてるだけでリフレッシュされる。

f:id:arditomiko:20170919002048j:plain

イチゴのシーズンだけあって街中に露店が並ぶ。

スネた息子にイチゴがあんまり入っていないの買ってあげた。

 

f:id:arditomiko:20170919002106j:plain

アレグアの一番の大通りを渡って、、、、

いただきます!

 

f:id:arditomiko:20170919002114j:plain

チョコにオレオにウエハースにクマさんグミ

確かに好きそうやな。。。

おかんは下のちょっとだけのイチゴやろ?

 

f:id:arditomiko:20170919002131j:plain

今度はオカンがスネるの図。

まぁこんなのをリアルに二人でやってるから、、、、

10代に間違われたりするんやろな。。。

ルックスより、やってることがガキくさいんやろう。。

 

f:id:arditomiko:20170919002150j:plain

この街はほんとうに居心地がいい。

この日も旧アレグア駅を通過。

 

f:id:arditomiko:20170919002206j:plain

やっぱりなんとなくとっとかなあかん。

記念写真。

 

 

f:id:arditomiko:20170919002236j:plain

なんでポーズきめんねん。。

 

f:id:arditomiko:20170919002243j:plain

日が傾き始めた。

 

f:id:arditomiko:20170919002250j:plain

だからなんでポーズきめとんねん。

 

f:id:arditomiko:20170919002301j:plain

絵になる場所です。

けど、1車両人ん家になってた。

すごいな。

なんでもありやな。

 

f:id:arditomiko:20170919002309j:plain

スタンド・バイ・ミーやな。

やっぱおかんはまだクソガキみたいや。

 

f:id:arditomiko:20170919002322j:plain

f:id:arditomiko:20170919002331j:plain

精一杯カッコつけてる息子が

おもしろくてたまらなくて

吹き出しそうになる母でございます。

f:id:arditomiko:20170919094345j:plain

だんだんめんどくさなってきて、、、、

ええから持ち上げとけ!

むちゃブリです。

こっちのほうがおもしろいのにな。。。

 

f:id:arditomiko:20170919002341j:plain

こけーっこっこっこーーーー!

 

これからアレグアのビーチへゴー!

 

つづく

 

 

ちなみにこれ↓↓↓

www.huffingtonpost.jp

私基本誰かと一緒の時は、地理的なことに一切口出ししないようにしてる。

地図センサーをOFFにしてるんです。

景色を見ないようにして人との会話に集中するのだ。

道間違えても、よっぽど迷ったときじゃない限り。スイッチ入れない。

地図が読めるどころか通った道を地図で細部まで辿れるなんて女としてどーなの的なw

一応気も遣うけど、、、、

でもまぁ、私にはステレオタイプにあてはまる感覚はないみたいですね。。。

だから、大きくなっても地図が読めなくならなかったのかな。

てか、昔から地図を読めないのは男の方でしょって、心の中で思ってた。。。

ごめんね。実は黙ってたの。。。

 

 

xx

 

Tomiko

 

関連記事

 

arditomiko.hatenablog.com