Jungla de Cemento

la voz del paraguay

南米パラグアイ在住の画家、音楽家、Tomiko Takino(瀧野 宝子)のブログ

スペイン語知識ゼロで渡ったパラグアイ。仕事が決まりたまたま移住することになり、1年半。アラフォー、シングルマザー、ひょんなことから息子を連れ海を渡る。見た目はラティーノ中身は生粋の大阪人ardiの南米移住奮闘記です。 スペイン語日記や、学習覚書など、、こちらの暮らしに必須なスペイン語習得を目標に更新しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 日本語のブログは⇒ In the corner of Universe

毎日、下手なスペイン語と格闘する日々です。モチベーションを高めるために、このブログをはじめました。皆さんもスペイン語学習、ご一緒にいかがですか?!まだ勉強し始めたばかりの私に、お気軽にアドバイスやコメントをいただけると助かります。他にもパラグアイの観光情報なども紹介しています。地球の裏側の空気を少しだけでもお届けできれば嬉しいです!Gracias por ayudarme!!

 

【Zoot Suiter】 pachuco mexicano-americano メキシコ系アメリカ人とズートスーツ

Lo compré pantalone zoot en bazar Japones.

ズートパンツを購入!

ディテールがかなりかわいい。

学校の婦人部のバザーに行ってきました。

 

 

ちょっと待っての図。

 

いえーーーい!

 

アスンシオン日本語学校では年に数回バザーが行われる。

父母会主催のもの、婦人部主催のもの、盆踊りなどです。

昔の服なんかが買えるので要チェックのイベント。

基本パラグアイに流通する繊維製品は、ただの粗悪品なので、

こういう時にまともな古着を買うのがいい。

どう粗悪品かというと、まず糸が酷い。

酷い糸をスカスカの縫製で作るもんだから

一回着ただけで破れる。

パターン、デザインも酷い。

 糸が酷いということは生地も酷い。

もう話にならない。

子供だましの商品が民芸品より高い値段で売られている。

うんざりする。

私のサイズは基本この国では売れないので

余り物整理係といいましょうか。。。

このズボンはまさにジャストサイズなのだ。

パラグアイにはほとんどないサイズなので貴重品です。

 

ウィングチップギブソンシューズとハットが欲しい。

私はメンズファッションが好きなのです。

オシャレの参考書にレディースファッションはない。

 

 https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/f3/ec/cd/f3eccdf5e9292a5afa35dfb00d09ef21.jpg

Zoot Suitsはやっぱり永遠の憧れ。

Rebel Spiritの詰まったファッションです。

1940年代にメキシコ系やアフリカ系、イタリア系、日系を含むアジア系の移民などの間で流行したスタイル。

UKのエドワードスーツ、テディボーイの原型とも言われてるらしい。

発祥はハーレム、シカゴ、デトロイトなどのアフリカ系移民と言われている。

ミュージシャンらが着用したことで広く知られるようになった。

 

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/be/83/cf/be83cfe0860472e6cc31cb85fad3366f.jpg

ハイウエストのタック付きのワイドパンツは

足首の締まった超テーパードスタイル。この奇抜なパンツに

長いジャケットを合わせるのがズートスーツのスタイル。

ギブソンタイプのシューズを履き、フェドラハットやポークパイハットを被る。

若き日のマルコムXもズートスーツを愛用していたと言われている。

 

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/77/66/24/7766243c7b8bf6bdf39b141e86e38111.jpg

多くの移民をかかえるアメリカで有色人種たちに向けられる差別、貧困。

アフリカ系移民発祥の文化は他の移民たちの心も捉え、

特に西海岸のメキシコ移民の若者たちの間で流行した。

 

https://alyssakirley.files.wordpress.com/2015/03/latinoamericansep3_lopezpachucos1941_tx800.jpg

移民たちが好んで着るようになったズートスーツ、

第二次世界大戦中のアメリカでは生地の無駄遣いと見なされた

スーツへの規制が始まる。

ズートスーツを着ることは戦争体制への反対とされた。

ズートスーターは犯罪や殺人を犯すギャングであると垂れ込むと、

一般人、軍人、警官らによって非難の標的となった。

ある水兵がメキシコ系ギャングに襲われたと証言したことで、Zoot Suit Riotsが発生する。兵士らはメキシコ系コミュニティに乗り込み、数日に及ぶ衝突が起こった。

これは移民たちによる暴動ではなく、白人兵士らによる

ズートスーツ焼きや、着用者への暴行、明らかな差別行為であった。

 

チェリーポッピンダディのこの曲はあまりにも有名だけど、

この歌とは少し違った歴史があるのです。

 

今も尚。若く阻害されるものを象徴し続けている。 

ズートスーツ。

マイノリティのプライドのように。

自由の象徴のように。。

正にこの曲がズートスーツにふさわしいと思う。

 ↓↓↓

Roco Pachukote - Paz y Baile Vide

シビレるね!

ファッションや音楽に心を奪われ続けてきた理由はこういうことだ。

その背景にある時代を象徴する何かを伝えるものであるから。

歴史の片隅に追いやられた移民たちが

このスーツをまとう理由がよくわかる。

いや、現在ではもっと多くの意味合いがうまれていると思う。

それを踏まえてもこの曲はシビレタ。

 

ストリートカルチャーが生み出す流行には

必ず時代や政治背景などがつきまとう。

スタイルには多くの意思が含まれるということ。

苦しい日常の中で自分を奮い立たせる引き金となるものでもある。

 

という訳で皆様も挑戦してみて!

普通に売ってるボトムスで雰囲気出すだけでも

かなりインパクトあると思います!

 

この辺の古着なんかも使えそう

↓↓↓

 

 

そういやボンタンのルーツって(爆笑)

↓↓↓

 

こういうアイテムを少し工夫するだけでも

ちょっと幅が広がるかも!

↓↓↓

 

これもカジュアルに引用できるね。

↓↓↓

 

女子特権としてこれくらいデフォルメしちゃっても

いいかも!↓↓↓

 

 

私がスペイン語圏にいる理由ってこんな感じなのかな。

支配されるもの吐き出すパワーをいつも求めているのかもしれない。

けどこの国にはこういったカルチャーはほぼありません。

むしろ支配するものを称賛したい人の方が多い。

 

だからとても息苦しく思います。

 


Cuidad Celestial (feat. Roco Pachukote)


El Convite (feat. Liche Oseguera, Roco Pachukote & Moyenei)

 

xx

 

Ardi

 

関連記事

arditomiko.hatenablog.com