読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jungla de Cemento

la voz del paraguay

南米パラグアイ在住の画家、音楽家、Ardiのブログ

スペイン語知識ゼロで渡ったパラグアイ。仕事が決まりたまたま移住することになり、1年半。アラフォー、シングルマザー、ひょんなことから息子を連れ海を渡る。見た目はラティーノ中身は生粋の大阪人ardiの南米移住奮闘記です。 スペイン語日記や、学習覚書など、、こちらの暮らしに必須なスペイン語習得を目標に更新しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 日本語のブログは⇒ In the coner of Universe
毎日、下手なスペイン語と格闘する日々です。モチベーションを高めるために、このブログをはじめました。皆さんもスペイン語学習、ご一緒にいかがですか?!まだ勉強し始めたばかりの私に、お気軽にアドバイスやコメントをいただけると助かります。他にもパラグアイの観光情報なども紹介しています。地球の裏側の空気を少しだけでもお届けできれば嬉しいです!

民主主義とは多数決? 地球の裏側からの訴え

Cultura de Japón

f:id:arditomiko:20160705071959j:plain

昨日の投稿で高等部の

社会情勢を知ろう

という授業を行ったことについて書きました。

 ↓↓↓

arditomiko.hatenablog.com

 

 

知らないということがどんな結果を招くか。

高校生たちと考えてみました。

 

 

何故今かというと、

日本では7月10日に参議院選挙があるからです。

私はこれまで投票を怠ったことはなかった。

 

政治は自分に降りかかるものと認識しているからです。

 

けれど海外に住んでいる今、投票の仕方が分からない。

投票カードというのを持っていたら、

海外からでも投票ができるらしい。

 

発行までは数か月、時間がかかるらしいけど、

次の休みに、日本大使館へ行って問い合わせをしてみようと思う。

 

SNSのTLは参院選の話題でもちきり。

 

けれど私がみんなに知ってっ欲しいのは、、、

現状に少なからず不安を持っているのなら与党に2/3の議席をとらせないということ。

 

現状こんな感じ

↓↓↓

headlines.yahoo.co.jp

 

政治は一人じゃ動かせない。

そう、皆がいうように一票じゃ変わらない。

民主主義ってのは多数決だからです。

そう思って投票に行かないって声も結構聞くけど、、、

じゃあ尚更、有効性を持たせるためにどうすればいいのか考えなければいけない。

 

こういうの分かりやすいと思うので

読んでみてください

↓↓↓

sealdspost.com

 

うちの母が昔、無党派に票を入れてある意味、投票放棄の意思表示をしていたけど、気をつけないとそれと同じことになる。

 少数支持=捨て票になってしまう可能性があるということ。

 

ましてや”支持政党なし”なんていう政党があるくらいだから、、、、

せっかく入れた票を無駄にすることだけは避けたい。 

 

与党で2/3の議席を持ってしまうと、

反対意見もなく改憲だって進んでしまうでしょう。

どんな凄腕政治家が当選したところで同じなんです。

ひとりでは変えられない。

民主主義とは良くも悪くも多数決で成り立っている。

せっかくあの議員に票を入れたのに、政治は全然よくならないじゃないか。。。

じゃないんですよね。

 

野党議席が増えると、多様性が生まれ、少なくとも議論がなされる。

政治を公平にしたければ、野党の配置をどう考えるかにたどり着く。

2/3が与党だと意見が出ても多数決で与党の独壇場になる。

議会にどんな理論を持ち出しても頭数ですでに負けになる。 

 

だから闇雲に反対票を投じるのではなく、後々どういう構図が日本の舵きりに必要か少しだけ考えた方がいい。

 

政治は一人じゃ変えられない。ヒーローはいない。

そういう制度になっているんです。

議論に公平性を持たせるためにです。独裁を避けるためです。

けれど、与党が議席を独占だと、、、、その制度の公平性すら効力を失う。

民主主義でなくなるんです。

いや、選挙で選んだ政治家でしょ?

って、ほんとにそうですか??

 

わからないから自民党に入れた。

わからないから政治に直接影響のない当選しない少数派に票を入れた。

わからないから選挙にはいかない。

変えてくれそうな橋下徹氏に。

変えてくれそうな小泉純一郎氏に。。

おもしろそうなタレント議員に。 

 

これが現実ですよね。。。

違いますか?

 

その積み重ねで動いてきた日本という国。

野党が政権をとっても、何も変わらないじゃないか。

と目先の評価を下し、すぐに自民党に票を集めなおした。

 

その結果、今は自公与党の独壇場。

野党議員の数を増やさなくてはいけない。

選挙の結果ではなくて、弊害はもっと後に浮き彫りになる。

だからこそ一票が重いんです。

 

そんなこといわれちゃったらどうしていいかもわかんないよ。。。

なんて声があがるでしょう。

 

政治的な理想やら思想云々はいろいろだと思うんですけど。。。

地球の裏側からですが、日本の政治をつかさどる話し合いに、私はまず公平性を求めます。

議会の中で、与党が絶対数なんて民主的国家とは思えないから。

 

国会内で議論のなされる構図をせめて作り上げないといけない。

私たちの声が無視されないように。。。

今回の選挙の争点というのはそこなんだと思います。

 

与党に2/3をとらせない。。。

ということ。。

 

海外在住の私なんかが口出すことじゃないけれど、、、

 

海外で生まれた日系の生徒たちと話して特に思った。

生徒たちは現時点で日本国籍なんてもってませんよ。

日本の皆さんには関係ないと言われちゃうかもしれないけど、

日本ルーツを持つ子供たちが感じた、

前回の授業で率直な感想は

 

日本が、安全保障の面で、変わりつつあるということに対して

 

マジか?!

何で今また?!(戦前を連想した)

ああああ、もうやだ。

子供だっているのに。。
(大人の勝手。少子化の世の中で若年層の意見が反映されてないんじゃない?)

日本がなくなる。。。。

広島みたいになる。。。

(言葉足らずで誤解を招きますが、広島で起こったことが繰り返されてしまうということです)

NO WAR。

 

日本人に比べ、日本語の語彙の少ない生徒たちですが、

言葉足らずだけど、その言葉の奥には多くの意味が込められています。

ゆっくりと説明して伝えようとしてくれます。

 

とにかく日本は平和が当たり前だと思ってた生徒たち。

ゲームやアニメなど日本にまつわる好きなものだってある。

だから、彼らはルーツを大切にもしている。

甘いといわれるのかもしれないけれど、、、

世界中の若い世代が望むことじゃないですか?

 

普通に勉強をして、毎日を楽しんで、恋をして、未来を考えて。。。

それで当たり前である幸せを皆よく知ってるから。

わざわざ、何故、変える必要があるのか。。。

と疑問に思って当然なんですよ。

どんな正当な理由をたたきつけられても、、、

 

幸せとは爆弾のある世界じゃない。

幸せとは兵器のある世界じゃない。

幸せとは戦争のある世界じゃない。

 

なのになぜ?世界から戦争は消えないの??

これって普通の疑問じゃないですか???

 

キレイごとでも理想論でもなくて、、、

普通に持つ気持ちじゃないですか?

 

無知だからそう思う?
いや違うね。。

わかったふりして偉そうに語ってる間に

その優越に浸って忘れちゃってんの。

大事な自分の感性を。。。

みんな死ぬの怖いし、自由を奪われたくない

殺すのなんてもっての他、そんなこと関わりたくもないはずだ。

 

本当に改憲の可能性の話をしたとき、唖然としてた。

高校生たち。

 

意味が分からない。

とにかくいや。

 

若い世代にとって、とても信じがたい道を

今の日本が選択しようとしているということを

もう一度、暮らしの中で理屈を学んだ私たちが

考えなければいけないんじゃないでしょうか?

 

私たちの選択を背負わされるのは次の世代なんですよ。。

 

子供がいる大人たちが何故そんな決断をするの?

わからない。

みんな自分の子供を育ててきたのに。。。

と問う生徒もいました。

 

安全保障について理屈を身に着ける前に、

選挙のこと、国会のこと

もっとよく知らなきゃいけないと思います。

どうして物事は決定されるのか。

 

票を入れた人が当選した。

はいおしまい!

せっかく期待したのになんにもしてくれない。

もう投票しなくていいや。。

なんてよくある流れですが、

知らなきゃいけない。

政治家一人じゃ変えられない。

それを知らずに、投票しても、思うような結果は絶対に得られないのです。

 

友人や知人の姿を三宅洋平氏の選挙フェスのステージで見かけることが多々あります。

が、私は特に応援しているわけではありません。すみません。

反対派でもないです。そういう選択肢があるのもいいかもしれません。

けどこれは参院選です。

私は根っからの関西人なので別に注目する事があります。

東京選挙区という限られた地域で行われていることだけがいつも取りざたされます

そこに夢中になって他を見失うと、、、結果はついてきません。

これまでも友人や知人が選挙に立候補したことも少なくないです。

実際にFBで繋がっている、面識もある方が2名今、この選挙区に出馬しておられます。

けれど、いつも私は公平に見つめるようにしています。

 

東京の当選枠は限られています。全国にはもっとたくさんの当選枠がある。

そこで行われている選挙戦も等しく大切なんです。

本当に日本に住んでいる皆さんにかかっているんです。

どれだけの人がフェスに集まったかということでは図れないんです。

ほんとにこれは批判でも何でもないんです。

とにかく、政治とはもっと恐ろしいものだと思っています。

だから、この三宅洋平氏の起こした社会現象が夜明けだと思うのなら、、正に、、、

そんな方には認識してほしいのです。

 

政治と音楽についてこないだ語ってたのに

なに保守的になってんの?なんて思う人もいるでしょう。

けど今見つめなきゃいけないのは

 

与党に2/3を取らせない。

 

それを達成しなきゃ始まらないの。

与党2/3の議席数で支持した候補者が当選したとして

変えられると思いますか?

無理なんです。

民主主義とは多数決なんです。

本当にわかってください。

 

お願いします。

本当に皆さん大切なことを理解してください。

今のままだと改憲派過半数で、議論もなにも

多数決で即可決ですよ?!

 

あの人が変えてくれる!とか言ってる場合じゃないです。

過半数にしてはいけない。

民主的な議論を取り戻さなくてはいけない。

多くの人がそれを認識しなければ、取り返しがつかないんです。。。

 

何度も何度もいうけれど。。。

これが海外に暮らし投票できない私の切実な訴えです。。

 

スペイン語じゃなくてすみません。。

 

xx

 

Ardi

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 関連記事

arditomiko.hatenablog.com